copyright(c)by k.someya 2000-2007 private homepage hobby & business
SOMEYA FACTORY
このサイトの無断転載、複製を禁じます

{
放送ジャーナルHP 仕事の部屋 旅行の部屋 カメラの部屋 模型の部屋

2015年|01月|02月|03月|04月|05月|06月|07月|08月|09月|10月|11月|12月|2017年

そめちゃんのSCOOP日記

BIRTV出張記
Web配信事業者が4K中継車や大量の4Kカメラ導入

NAB出張記

ペルー出張記

ブラジル出張記



2016年9月29日(木)
今年のふるさと納税
 舛添問題や東京オリンピック3兆円なんて話を聞くと、税金が湯水のようにどんどん浪費されているような気がする。アスリートのためだと言われても、欲の塊の輩が群がっているとしか見えない。東京都に税金を一銭でも払いたくないという思いが膨らんできたわけではないが、唯一の防衛策は『ふるさと納税』だ。去年は限度額いっぱい埼玉県の鶴が丘市に納税し、段ボール二箱の鉄道模型をゲットして、家内大顰蹙をくらってしまった。
 そこで、今年はおとなしく栃木県の壬生町に2万円納税して、まずはトミーテックの鉄道模型をゲットした。
 


 続いて、新潟県の長岡市に1万円寄付して、海鮮バーベキューセットをゲット。アワビにサザエ、ハマグリにホタテ、エビにイカとすごいボリューム。これは、家内にも大好評で、娘夫婦を呼んで産地直送の魚貝をおいしくいただいた。ちゃんと、配送希望日を電話で聞いてくれるのは親切だ。
 あとは、北海道の日高町に新巻きザケを申し込んであるが、これは年末に作り立てが届く予定。まだ、余裕があるので、残りの枠で。肉にしようかフグでも頼もうか、何を頼もうか悩んでいる。ふるさと納税のすごいのは、2000円の負担で、これだけのものがいただけること。東京都に税金払っても、欲の皮の突っ張ったアスリート連中の施設に無駄遣いされるなら、地方の活性化の方に協力したい。ふるさと納税、やらなきゃ損です。

2016年9月27日(火)
木箱入りチェコ製鉄道模型
 以前は海外に行くと必ず模型やさんを探して、両手いっぱいの模型を買い込んできたが、10年ほど前からインターネットで何処の国の模型でも手に入るようになり、しかもネットで買った方が探していたものが安く買えるため、すっかりインターネットショッピングが中心となってしまった。 



 いつもの通り、何気なくインターネットサーフィンを行っていると、木箱にセットされたBBマレータイプの蒸気機関車と運材車にカーブすが木箱にセットされたOゲージーサイズの模型を発見。OゲージーなのでHOゲージーの2倍、Nゲージーの4倍のビッグモデルで迫力がある。チェコ製の珍しい模型も、ネットで簡単に手に入るようになったのはありがたい。問題は、いかに家内に見つからないで配送業者から受け取るかということ。
  ポイントは、18時から19時の夕食の支度をしている合間を縫って受け取り、自分の部屋に持ち込めば部屋中、ガラクタ(お宝)だらけなので、まず見つからない。配達の時間指定がポイントとなる。 届いた模型は、木箱にしっかりと仕舞われ、取り出すとオール金属製でずっしり重たく質感も十分、良い模型が手に入った。チェコ製恐るべしだ。

2016年9月26日(月)
第29回東京国際映画祭会見
 虎ノ門ヒルズフォーラムで開催された第29回東京国際映画祭の概要発表記者会見を取材する。会見では、各部門の全ラインナップ・審査員、各イベントの魅力・見所が発表された。冒頭、椎名保ディレクター・ジェネラルから開催の挨拶と、映画祭の「顔」である「フェスティバル・ミューズ」に女優の黒木 華さんが任命されたことが発表さた。



 また、会見ではゲストとしてコンペティション部門に選ばれた2作品の出演者・監督『アズミ・ハルコは行方不明』から監督の松居大悟と主演の蒼井優、同じくコンペティション部門に選ばれた『雪女』から出演の青木崇高、さらにアニメーション特集「映画監督 細田守の世界」から細田守監督が出席し挨拶や細田守監督の対談等が行われた。

2016年9月25日(日)
ハリウッド画質プロジェクタ
 午前中、近所のビデオ好きの老人からSOSの電話。8mmフィルムからデジタルキャプチャーしたファイルが読めないという。駆けつけてみると、単にSDカードを間違えただけのこと。無事にファイルも見つかりパソコンへの取り込み方を教えて一件落着した。



 帰りかけ、新しいビデオプロジェクターを買ったので、古いプロジェクターをくれるというので、もらってきた。プロジェクターは、下取りで出しても数千円にしかならないという。我が家のプロジェクターは、古い三菱の720Pのもの。しかも、PCのアナログRGB入力しかなく、D端子から変換装置を使って、PCのアナログRGB信号に変換して使っていた。やっと、HDMI信号がダイレクトに入力できるようになったのはありがたい。しかも、画質も大幅に向上した。

2016年9月18日(日)
増殖する付録付き雑誌
 本屋さんに行くと、つい目が留まってしまうのが、模型が付録についた、週刊や隔週刊の雑誌類。最近は、大型の模型のついた雑誌が流行のようで、世界の戦闘機も、最初は1/144だったのが1/100になり、ついに飛行機モデルとしては王道のスケールの1/72を採用した第二次世界大戦傑作機コレクションが発売された。なかなか、仕上がりもよく全シリーズは予算的に無理だけど、好きな飛行機だけ集めていたら5台を超えて、置き場所に困りだしてきた。嫁いだ娘の部屋を使おうと思っていたら、ちょくちょく孫を連れて帰ってくるので、この夢も果たせず、ショーケースを買って並べられるのはいつになることか。



 一方、自動車のコレクションも、これまでは1/48が中心だったが、ついに1/24のシリーズがディアゴスティーニにとアシェットから発売された。さすがに、1/24になると迫力がある。初回は安いが、シリーズは一冊4000円ぐらいになるみたいなので、あとは大好きなMAZDAのコスモスポーツを買ってこちらは終わりにしたい。

2016年9月17日(土)
昭和日本鉄道ジオラマ
 毎週購入して付録を組み立てることで、Zゲージーのレイアウトが完成するというディアゴスティーニの『昭和にっぽん鉄道ジオラマ』の1~15号までがリーズナブルな価格でオークションに出されていたので入札していたら、誰からの入札もなく落札できた。
 実は、東京駅のレンガビルが欲しくで1~4号までは買っていたのでダブってしまうが、15号まで揃うと、レールが一周し、それなりの形が出来上がる。家内に見つかる前に、うまく宅配業者から受け取れたので、隣に住むお袋の家にしまうことができた。仕事をリタイアした後の宿題がたまる一方だ。

2016年9月16日(金)
JVA上半期ソフト売り上げ発表
 JVA=一般社団法人 日本映像ソフト協会が開いた、『2016年上半期(1月~6月)JVA統計調査について』を取材する。
 会見で、森口マーケット調査委員長は、『2016年上半期のビデオソフトの総売上金額は、1025億77百万円で前年同期比100・6%となった。上半期実績が前年同期を上回ったのは2011年以来5年ぶりとなった』と挨拶した。
 うち、DVDビデオは587億55百万円で前年同期比98%、ブルーレイは438億22百万円で同104・3%となり、DVDの低下をブルーレイがカバーした。売上金額に占める販売用、レンタル店用の市場別では、販売用が780億25百万円で前年同期比103・1%と伸長したが、レンタル店用が230億82百万円で同89・9%と前年同期を割り込んだ。



 お昼前に終わったので、押切さんと築地の場外のすし鮮へいく。ぎりぎりで限定どんぶりに間に合った。押切お式に参賀さんが座るや、生ビールを注文。昼からのビールは効くが、飲みだすと美味しい。大満足のランチとなった。

2016年9月15日(木)
キヤノン EOS M5発表
 キヤノンが発表した、「デュアルピクセルCMOS AF」採用により快速・快適AFを実現した高精細EVFを内蔵ミラーレスカメラ“EOS M5”の発表記者会見を取材する。
 キヤノンは、EOS Mシリーズで初となる「デュアルピクセルCMOS AF」の採用により素早く追従性の高いAFを実現したEVF内蔵のミラーレスカメラ“EOS M5”と、小型・軽量設計を実現したミラーレスカメラ専用高倍率ズームレンズ“EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM”を2016年11月下旬より発売すると発表した。



 動画撮影は、ソニーのアルファ6300が4K撮影を実現しているので、キヤノンも追従するかと期待したが、残念ながらHDだった。ミラーレスでは、ソニーやパナソニックが魅力的なカメラを発表しているだけに、何か物足りない新製品だった。

2016年9月14日(水)
本間敏之さんライブ
 新谷さんに誘われて、元虎舞竜のキーボードとギター奏者の本間さんのライブを聞きに渋谷へ。まずは、東急本店前のひものやで待ち合わせ。ここで、別件の打ち合わせも済ませて、会場のnobへ。ライブでは、いつもの本間さんのキーボードやギターの素晴らしい演奏を堪能した。

2016年9月12日(月)
CEATEC記者会見
 10月4日から7日まで幕張メッセで開催されるCEATEC JAPAN2016の記者会見を取材する。今年のCEATECは、内容を一新し、CPS/IoTで変わる未来の社会や技術を体験できるエリア構成に刷新するという。また、今年はオープニング前日にレセプションを行うなど、大きく様変わりするようだ。
 会見が終わって、久々に記者仲間と大手町の居酒屋で一杯が二杯、三杯と深酒してしまい、久しぶりに二日酔いになってしまった。

2016年9月10日(土)
初孫のお宮参り
 初孫ができて一か月半、本当は一か月でお宮参りだけど、暑かったり台風が来たりで、少し遅れて大安の土曜日ということで近所の神社へ。ここ、清瀬の水天宮は日枝神社とセットになっており、安産祈願は水天宮、お宮参りは日枝神社と、効率的だ。天気は快晴、大安だけあって、混んでいたが、無事お宮参りをすますことができた。



 祝宴は、神社近くのファミレスを予約。リーズナブルの価格の懐石料理を注文したが、なかなかのボリューム。ノンアルコールビールが残念だが、孫の成長をお祝いした。
 続いて、ひばりが丘のパルコの5階のスタジオアリスで記念写真。記念写真というよりは、コスプレ写真大会といった感じだったが、なかなかのアイデアのビジネスモデルを作ったものだ。ついつい、あれもこれもと色々な衣装の写真を購入してしまう。カメラマンの腕というよりは、ビジネスモデルの勝利。まさに、デジタルならではの商売と感心した。

2016年9月3日土)
川越のイタリアンで飲み会
 8月は仲間の一人が体調を崩していた李、こちらが何かと忙しかったせいもあり伸び伸びとなっていた、PTA仲間の暑気払いで、川越へ。今回は、いつもの居酒屋ではなく、丸広裏のおしゃれなイタリアンを予約。まずは、鏡山酒造の跡地に建てられた観光スポット蔵里(くらりん)で待ち合わせ。目指す、イタリアンレストランへ向かう。



 いつもの還暦過ぎの、おじさん二人、おばさん二人の合コン。会場のイタリアンレストランは、いつもの居酒屋の系列店だけど、おしゃれで落ち着いた作り。コース料理に飲み放題をつけて4500円のコース。スパークリングワインで乾杯ののち、各自ハイペースでアルコールを注文。あっという間に2時間が過ぎ、二次会は喫茶店に移動し、小江戸ビールで仕上げ
やはり同年代の飲み会は、話題が一緒で楽しい。ついに、こちらも孫自慢がの仲間入りができるようになった。川越の夜は、楽しく更けていった。次回の集会は、川越祭りか。



 川越に行ったら外せないのが、豆やの結び豆と、蔵里の旧助のおせんべ。酒蔵とおせんべは、きってもきれない関係があるが、鏡山はいただけないけど、このおせんべは美味しい。4袋ずつ買ってしまってカバンがパンパンになった。。

2016年9月2日(金)
RAIDハウス4K・8Kセミナー
 今年も早いもので、9月になってしまった。㈱RAIDがT's渋谷フラッグカンファレンスセンターで開催した『4K/8K映像制作セミナー』をを取材する・同セミナーでは、スーパー35mm相当対応8Kカメラである、REDデジタルシネマ社製RED WEAPON with HELIM 8K S35 sensor [Limited Edition]を国内初出展。また、あらゆる8Kカメラに対応し、8K TV SDI出力、8Kファイル出力が可能な、ColorFront System社製 Transkoder for 8K TVを用い、デモンストレーション等を行った。



  新しく発売したRED WEAPON with HELIM 8K S35 sensoは、先月中国・北京で開催された国際放送機器展BIRTVでも、ホワイトバージョンが出展され、多くの人が集まっていたが、今回披露されたRED WEAPON もホワイトバージョン。しかし、周辺機器はブラックバージョンでBIRTVが真っ白だったのに比べるとパンダバージョンといったところか。



 同セミナーでは、さらにnep infiniとTranskoder for Macのそれぞれの最新版を組み合わせた最新ワークフローの紹介や、同社が新たに取り扱いを開始したTangent社はコンパクトで導入しやすい『ripple』、FSI社の4K/60Pまで対応可能ディスプレーDMシリーズ等の説明が行われた。






 
プロフィール
東京生まれの東京育ち。
団塊の世代を絶えず観察しながら育った次の世代。
カメラと鉄道模型と食玩とHDノンリニア編集機と一人旅が大好き。
人に命令されるのと、薩長土肥の田舎侍が大嫌い。
2インチスーパーハイバンド時代から、最新のVoIPIまで語れる唯一の業界記者。




 
大阪支社F記者のHP





 お気に入りデジカメSCOOP